忍者ブログ

川西自然教室

兵庫県川西市で活動する「川西自然教室」の公認ホームページです。 里山、野鳥、蛍(ホタル)、野草、きのこなど、地域の四季折々の自然を楽しみ ながら、毎月いろいろな行事やイベントを行なってます。

   
カテゴリー「活動報告・資料・他」の記事一覧

4月度自然観察例会の報告

日生中央から雨森山へ
 
 昨年4月も同じ雨森山だったが、最初の登りがきついとのことで今年は昨年とは逆に日生中央から登った。
4月13日1時半に日生中央駅に集まったのは、井上、田中(義)、山崎リ-ダ-はじめ男性7名、女性4名の合計11名。暑いほどの陽気で、歩き始めてすぐにセータ-をぬぐ。内馬場への途中、川岸や道端、崖にゴヨウアケビ、タンポポ、タチツボスミレ、ムラサキサギゴケ、ウマノアシガタ、キツネノボタンが咲いている。白花のタチツボスミレが現れたころよりタチツボスミレ、ナガバノタチツボスミレ、アカフタチツボスミレの区別について一談義が行われ、少し行くとキツネノボタン、ケキツネノボタンの区別でもまた一談義。

 内馬場では、山あいの畑の土手や斜面にハクサンハタザオの群落があちらこちらに見られる。丘陵地帯ではコバノミツバツツジが紅または濃桃色の花を咲かせている。畑をしている人に聞くと「ここは自然が豊かで別天地ですよ」との返事。
「新開の森」ではボランティアの人に「孫に聞かれたのだが分からない野草がある」とのことで、我らがYさんが登場してたちどころに解決し感謝される。

 予定時間を大幅に経過しているとのことで登り道をあまり寄り道せずにひたすら登る。汗だくになり雨森山山頂(383m)には3時半過ぎに到着し小休止する。4時26分深谷発のバスに乗るために後はひたすらに下山。途中ボランティアグル-プにより整備されている場所ではコバノミツバツツジが多く残されていて、それが満開で非常に美しい。山ではさくらは見上げないと見えないが、コバノミツバツツジは木々の葉が出そろう前の明るい林に咲き、華やかだけれど、静かで私のお気に入り。本当はここで花を愛でながら小休止するのだが、時間がなく断念。最後はバスが少し遅れたこともありぎりぎり乗車できた。山下駅で男性4名、お好みやで反省会をする。次回は一庫からのコ-スがいいということになる。(田中)



PR

黒川いなかクラブ特別企画 柳谷の桜!救助作戦!

 2/16は、竹炭作り・第2弾窯入れの予定であったが、4月の炭焼きまで時間があり過ぎるということで、急きょ以前から話題になっていた桜の救助作戦に切り替えることになった。

 私たちの窯の近くに1本のすてきな桜の木がある。その桜の花の咲く頃にあわせて炭焼きをしているのだが、柳谷を流れる小川の土手の斜面に根を張っているため倒れる心配があるので、添え木をしようというわけである。

 まず、倒れている竹や雑木など周辺の整備をした後、対岸にある支えになりそうなカシの木(直径約15cm)を2本伐り、その木をこちら側に運ぶ。今日のメンバー7人がそれぞれ動く。そして、どのようにしたら安定するか考え、Xに組んで支える。長さ4~5mある重い木を切ったり持ち上げたり試行錯誤が続く。やっとのことでみんなが納得し作戦終了。作業を開始してから3時間ほどたっていた。

 竹などの処理で火を使っていたのだが、近所から通報があったとのことで、消防署の方が、途中でみまわりに来られたのにはちょっとびっくりした。以後気をつけたい。

 すてきな花見が出来るのを楽しみに!
 次回は3/31(日)「窯入れ」、さらに、4/6(土)「竹炭焼き」+バーベキューです。興味のある方、お待ちしています。(市原)


川西市内一斉水鳥調査の報告<2>

 Cグループ集合地の阪急バス清和台営業所に着いて気がついた。筆記用具、メモ、そして地図も忘れてきた。とうとう最後までリュックから出すことのなかったおにぎり、おやつ、水筒はしっかり持ってきたのに。初めての水鳥調査というのに。

 以下、コース概要を記す。
 野尻川(差組)から、石道に入り第二名神工事現場を猪名川沿いに少し遡上、戻って猪名川右岸をゴルフ橋、多田大橋と下り、大橋を渡り、今度は左岸、民家の連なる中を赤橋、こんにゃく橋と歩く。この間、何箇所か民家、病院、空き地の脇をすり抜けて川面を観察する。

 イズミヤ前からダイエー裏にかけては人や車に気を使うことなく整備された河岸を歩くも、目立った収穫なし。銀橋を渡り、再び右岸沿いに、県道を車に脅かされながら?歩き、うぐいすの森駅前から河原に降りる。ここから終着の絹延橋までは水鳥のハイライトであった。

 第一のポイント、野尻川差組付近では、水鳥の影なし。カワラヒワが十数羽のほか、カワセミ、セグロセキレイ、メジロ、シロハラ、ツグミなど。(以下山野の鳥は略)

 第二のポイント、石道付近の猪名川では、やはり中大型の水鳥はいなかった。イソシギ一羽。ここでは各種家禽類を飼っていたおじいさんの話を伺ったこと、工事の西日本高速のおにいさんに捕まり、訝られながら、無理やり工事進捗状況をあれこれ聞かされ、「皆さんには残念かもしれませんが、工事は順調」だと。その程度は知ってますよ、とはNさんの影の声。

 ただここで時間をかけ過ぎ、後を追ってこられたTさんが気付かず追い越し、結局最後まで合流できなかった。申し訳ありませんでした。

 多田大橋まではやはり水鳥少なし。バス停付近になってオシドリ、カイツブリ、カワウ等が現れる。鵜飼のウはカワウではなくウミウを利用している。カワウは貪欲で、いったん口に入れた魚は出してくれず食べちゃう、とはIさんの解説。そんな話をうかがっている矢先に目の前でバリウム様の下痢糞を強烈に噴き出す。直径1、2メートルほど水面が真っ白になる。そういえば付近の竹の葉が真っ白になっているのもカワウのせいとのこと。

 多田神社前も水鳥は少なかったが、キジバトの水浴など多くの鳥をゆっくり観察できた。こんにゃく橋上からも数組の水鳥。

 うぐいすの森から絹延橋までの右岸はマガモ、コガモ、カルガモ、ヒドリガモ、オナガガモ等の水鳥の群れが多数。オシドリ夫婦やコサギ、イソシギの孤影も。

 カワセミは全行程で合計6羽確認した。シメ、イソヒヨドリ等も私には初めての鳥であった。

 また平田さんが予備調査、会報2月号で報じておられた「猛禽類」はこの日も現れ、しばらく低空を滑空していたかと思うとたちまち高空に舞い上がり、五月山上空の雲間に消えた。Tさんのとらえた写真を図鑑で調べた結果ノスリと判明。尾が扇型であること、翼前面の黒い部分がそっくりなことが決め手となった。

 初めての水鳥調査に参加して気付いたことは図鑑が特に役にたつということ。水鳥は総じて大きい上、水面、水辺にゆっくりとたたずんでくれる。図鑑を広げページを繰ってゆっくりその特徴を見比べることができる。山野の鳥ではこうはいかない。(その代わり鳴き声の特徴があるが)

 もう一点、電子カメラ、高級デジカメの威力について。高速飛翔中の鳥をとらえ(まさにフライ・キャッチャー)、それをただちに拡大映像化し、ただちに同定に結びつける。これにはTさんの腕前もあるが。
 大変勉強になり、興味関心の幅がまたも広がり、家人に怒られそうです。 (梶岡)


川西市内一斉水鳥調査の報告<1>

 冷え込みが続く。午後から幾分和らいだが、曇りがちで肌寒い観察日だった。北伊丹の駅に降り立ったのは私一人。定刻を過ぎたので出発。駅前に新しくできた特養前のセンダンの木の実にムクドリが群がっている。JRをくぐる地下トンネルを出るときれいに剪定されたイチジク畑。数年前までその向こうにシンジュの木があったが今風の集合住宅になっている。東久代の集落を抜け猪名川土手に出、運動公園を横切り河原に出る。ツグミやハシブトガラス+ハシボソガラスの群れを見る。

 水面が見えるところまで出ようと道を探すがひっつき虫がすごい。踏み跡もはっきりしない。今回は断念することに。しばらく上流に向かっていくと水面が見えてくる。運動公園にゲイラの凧揚げをする親子が息を切らして走っている。自分の子どものこと、自分が子どもだった時のことが凧を通じて一気に脳裏にあふれ出てくる。イソシギが滑空し、アオサギ、カワウが大きな体を揺らしている。公園上流の堰の広い川面にはマガモ8、コガモ15、カルガモ2、ヒドリガモ25が私との距離を置きながら浮かんでいる。いつも話題になるオカヨシガモの姿は残念ながらない。

 中国道の橋脚をくぐり、広い草はらに出る。我々が水鳥地調査を始めた時から住んでおられる方が火を焚いている。挨拶をし、水辺へ出る。ずんぐりした感じのセグロカモメが頭の上を南の方へと下っていく。バンが足をせわしげにかきながら離れていく。昔ここでバンとオオバンをセットで見て違いをじっくり確認させてもらったことがあったが今年はいない。土手に市原リーダーの姿。この後合流する。

 最明寺川合流点の河原は重機が入っており河床の掘削工事らしい。合流点の堰の上流の広い川面に沢山のヒドリガモの姿。二人で数えると308羽。昨年とほぼ同じ。他にカルガモ2、コガモ3、カイツブリ8などがいたが、やはりヒドリガモの天下だ。

 阪神高速の高架上流にもヒドリガモは 105羽。コガモ12、カルガモ2、カイツブリ4、ユリカモメ8羽が浮かんでいる。これは水鳥調査の日に観察されるのは7年ぶりだ。全くいないということではなく調査日にたまたまいなかったということが続いていた。

 阪急電車の鉄橋をくぐったところでカワセミ2羽にあう。かつてはこのあたりでキンクロハジロやハシビロガモ、オナガガモなどに出会えていたのだが最近は滅多に出会えない。今年も会えなかった。

 国道を過ぎると小さな鳥たちの姿が目に付く。ハクセキレイやセグロセキレイ達がここには多い。イソシギもいるがじっくり見ると首輪をしたようなイカルチドリも4羽いる。図鑑でシロチドリかどうか何度も見比べるが、色の濃さからイカルチドリと判断。通りがかりの夫婦バードウォッチャーにもどう思うか聞くとイカルチドリだと断定していた。

 中橋を過ぎ、日が傾き、風が冷たくなってきた。カモは少なくヒドリガモが4羽、あとは小さな鳥が目を楽しませてくれる。茎がかたくて触ると痛そうな草が水辺にぎっしり生えている。絹延橋で合流後井上さんに聞くと「アレチハナガサだ。この上にもいっぱい生えているよ」という。ネットで調べると『アレチハナガサ(荒地花笠、学名: Verbena brasiliensis)は、クマツヅラ科クマツヅラ属――(略)――日本では、1957年頃から定着が確認されており、現在では本州(東北地方北部を除く)・四国・九州に帰化している――(略)――河川の在来種の植物の生育を妨げるなど植物相に大きな悪影響を与える恐れがあり、問題視されている。一方で、外来生物法による特定外来生物もしくは要注意外来生物の指定はされていない。』とある。人間の活動の仕方によってある植物が大繁殖してしまうとそれは目の敵にされるようになる。それ自身に罪があるわけではないけれど、たとえば寺の霊園に大繁殖する特定の草などは場所の性格上それと格闘しなければならなくなる。アレチハナガサはきれいな紫色の花を付けるようだ。

 ヒドリガモがやたら目につき、キンクロハジロ、ハシビロガモ、オナガガモ、オカヨシガモなどに出会えず、じわじわと環境が変わってきているように感じた。

2012年12月8日 鳥脇山自然観察会の報告

 寒いし、きつそうだし、参加者は少ないだろうと思って集合場所へ行ったら、予想通り、男4人、女1人。まずは、集合場所のすぐ前にある人工の水場をのぞきに行く。カワニナやメダカがいる。また、縁が赤くなっている浮草がたくさんある。

 寒風の中、火葬場への急坂を登り始める。法面に植えられているトウネズミモチの黒い実がたわわになっている。ハラビロカマキリが歩道の上でよれよれになっている。澤山さんが道の端に移し、葉っぱの布団をかけた。東を見ると舎羅林山がここと同じぐらいの高さで見えている。「標高が高いので寒い」と誰かがいう。それに風あたりも強い。東ときわ台から箕面森町へと続く家並みが良く見える。随分高いところに家を建てたものだ。道端からヒヨドリジョウゴの赤い実がいっぱい顔を出す。手のひら大の葉が落ちている。クズの葉か?道路左側の斜面にはアケビがいっぱいなっている。しかし、時期を過ぎ干しアケビになっている。右下の法面に真っ赤な実を残す高木があるが不明。火葬場への道路上を右往左往しているので「ハイブリット車が来ると静か過ぎて分からんから怖いで」という話になり、それぞれの恐ろしい目にあったことを語る。

 火葬場に着き、そこから関電の巡視路沿いに下っていく。丸太もどきで階段が作ってあるが落ち葉に埋もれて見えないので非常に危険だ。ホウノキの白っぽい樹皮が目立つ。太いアカマツ死にそう。坂を降り切った林縁にフユイチゴが赤い実をいっぱい付けている。うまい!これが冬の楽しみの一つ。ここは谷底。日が当らず寒い。以前は上流の叉谷池に登れたのだが、フェンスが張ってあって行けない。更に、巡視路、谷道にもフェンスが張り巡らされている。幸いにもフェンスの一部が破られていて通れた。土地の管理の問題があるのは分かるが、今まで人が良く通っていたところでは、フェンスを張ったところでこうやって破られることが多い。また、人が通らなくなると山が荒れて歩けなくなる。私たちの立場から言うと、自然に親しむ機会を奪わないでほしい。健康維持・増進のためにもいろんな山歩きコースがほしい。しかし、何でもかんでも奪って帰る人がいるので持ち主は嫌な思いをしているだろうし、ケガをした時などに管理責任を問われるということも出てくる。そうなれば、フェンスで囲うということになる。難しいところだ。

 さて、フェンスの破れから巡視路に入り、急な階段を登り始める。又ここも落ち葉で階段が見えにくく危険。サルノコシカケの面白い模様をスケッチし、センブリの枯れたのを見て第1鉄塔に着く。もう汗だくだ。かつて鉄塔の周辺は裸地が多かったがいろいろ茂ってきている。クサギが大きくなっているのが目立つ。

 しばらくゆるいところを歩く。シキミ・サカキ・ヒサカキここには神仏用の木がそろっている。直登せずに巻くように進む。アカマツの倒木が多い。ウグイス地鳴き。コナラの太い木があり、樹皮がアベマキのようになっていたので触ってみると下は腐ってボロボロになっていた。ヤブツバキの幹が白っぽく目立つ。幹がボコボコになっている木の、葉を地面に探した。葉の裏に毛が生えていたのでウラジロノキと分かった。エナガの群れが時折高いところでジュクジュクいっている。タカノツメ(三出複葉)の黄色くなった葉があちこちに落ちている。後でコシアブラ(掌状複葉で5枚の小葉)もあったので、違いが確認できてよかった。

 2番鉄塔の近くにシラカシらしい大木があった。アカマツの枯れた大木にはツガサルノコシカケがついている。炭窯が崩落している。まだその上に植物が生えていないので崩れてからそう経っていないのではないか。少し下り、叉谷池の源流部に出る。薄暗いスギ林。クリノキの残骸があちこちに横たわる。そのわずかな光の中にヤブムラサキが頼りなく立ち、フジが地べたを這い、アキチョウジが青々としている。ホウノキの落ち葉が薄暗い中で白っぽい葉の裏を見せることによって道を明るくしているように見える。シラカシとコナラの大木があり、頭上を走る高圧線が北西の季節風にうなり声をあげている。

 鳥脇山~岩根山ルートに出る。ウリハダカエデ、コシアブラ、コアジサイなど舎羅林山ではお目にかかりにくい木がどんどん出てくる。アカガシの立派な木がある。7本に株別れしている。樹皮のめくれ方がケヤキのようだ。妙見山にはあるが舎羅林山(265m)では見られない木だ。このあたりだと標高400mほどだろうか。

 第3鉄塔へ出る。頂上まで200mとある。お正月に使うウラジロがいっぱいある。今度はウリカエデ(樹皮をウリに例えたもの)があった。少し前に出たウリハダカエデは「樹皮は暗い青緑色の模様があり、この模様の色が、マクワウリの未熟な実の色に似ていることからウリハダカエデの名がある」とネットにあるが、いつも混乱している。

 さて最大の難所、直登の急坂。上から一人ハイカーが下りてくる。我々中高年たちはなんやらカンやら文句を言いながら登りきる。山頂、抜けるような青空。西日がきつく、まぶしい。おやつを食べお茶を飲む。澤山さんがバカボンのパパのまねをしておおうけ。Tanaさんの記念写真に皆で収まる。「今は西日で明るいがあっという間に暗くなるでぇ」と下山を急ぐ。

 急坂は避け巻いて降りる道を選択。尻もちをつく人もあったが怪我無く岩根山への尾根へと出る。ツルリンドウが群生。花も実も観察。クチベニタケとカノシタ(キノコ)を視る。澤山さん曰く「カノシタはシカの舌という意味だが、なぜシカをカノというかと言うと、昔は猪も鹿も、シシと呼んでいて、区別する時には猪をイノシシ、鹿をカノシシといっていたようで、このキノコはシカ=カノシシの舌に似ているのでカノ・シタになった。また、シシおどりというのがあるけど、シシやのに角があるのは、カノシシ=シカ踊りだから角があるということらしい。」そんな話をしながら薄暗くなりかけた林道を降りた。

 赤松の棚田の上に出る。そこから北~東を見ると知明山・高代寺山・妙見山・天台山などが浮かび上がっている。良い眺めだ。廉さんがいたら「残照、おれたちの人生かな」って言うだろう。棚田のカキをツグミが食べていた。熟柿でおいしそうだ。そのすぐ横の民家の裏にマクキヌガサタケというキノコがあるからと井上さんに案内され見る。北からカラスが8羽帰ってきた。我々も帰ろう。皆は忘年会、私は用事があって急いで帰る。寒かったがいい夕暮れだった。



カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア

川西自然教室メーリングリスト」に参加しませんか?メールアドレスを入力し「参加」ボタンを押してください。

最新コメント

[06/10 ホタル守り隊]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
KATSUZO
性別:
男性
自己紹介:
当ホームページは川西自然教室の公認のもと、管理者個人が作成したものです。

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

Copyright ©  -- 川西自然教室 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]