忍者ブログ

川西自然教室

兵庫県川西市で活動する「川西自然教室」の公認ホームページです。 里山、野鳥、蛍(ホタル)、野草、きのこなど、地域の四季折々の自然を楽しみ ながら、毎月いろいろな行事やイベントを行なってます。

   
カテゴリー「活動報告・資料・他」の記事一覧

川西自然情報 2012年10月

各月の身近な自然情報を集めてまとめています。みなさんもご協力お願いします。

1日  竹にヤマガラ♂がとまっている(多田神社上)

2日  ヒヨドリバナにハナムグリが群れている(大和西)。キンモクセイが一斉に咲いている(木部)

3日  プラットホーム前をオニヤンマが飛ぶ(鼓が滝駅)川の岩の上にカワウ 十五羽立っている(鶯の森・猪名川)

5日  まだツクツクボウシ鳴いている(平野)。休耕田にキンエノコロの群生。イヌトウバナの花、マントカラカサタケ・ヒラタケ・ハタケシメジ・ウスキモリノカサ・ハツタケ・シラタマタケ・チョウジチチタケ・キヌハダトヤマタケ・ナヨタケなど。ヤマガラ・ソウシチョウ・コゲラの声(吉川)

8日  カレバハツ・フウセンタケモドキ・カラカサタケ・オオイチョウタケ・ベニチャワンタケなど(妙見上杉尾根~大堂)

9日  モズ?の巣が落ちている(東ときわ台)。ホコリタケ・カバイリツルタケ・ナカグロモリノカサ・ホソヤリタケ・チシオハツ・チョウジチチタケ・タマシロオニタケ・アカイボチチタケ・ヒロハチチタケ・ニンギョウタケ・ハタケシメジ・ノウタケなど採取(岩根山)

11日 あちこちでキンモクセイがにおう(東多田)

12日 メリケンカルカヤ・セイタカアワダチソウ群生(猪名川町図書館入口)。かなり上空をツバメ約10羽飛ぶ、そのさらに上空をタカが4羽舞っている。畑ではエンマコオロギの声(猪名川町紫田)

13日 オオイチョウタケ・ムラサキシメジ・ハタケシメジを採取、メジロ?の巣(吉川峠~初谷)。クルマバナ・ゲンノショウコの花、水路にカワヨシノボリ・サワガニ。アサギマダラ飛ぶ。池にアカミミガメ(黒川・吉川)

14日 [参考]ツクバネが実をつけている(加東市朝光寺)

16日 ウグイスのさえずり。イカル・カケスの声(満願寺)。ハッカが咲いている(柳谷)。ヤクシソウ・フジバカマが咲いている(赤松)

18日 ヒメクロホウジャクがネリネの花に蜜を吸いに(大和西)

19日 朝8時 横の林でコジュケイなく(鼓が滝)。アミタケ・クチベニタケ・チャツムタケ・ヒメカバイロタケ。ヤマガラ・シジュウガラ・カケス鳴く(舎羅林山)

20日 久しぶりに開通。ナギナタコウジュ群落(妙見・新滝道)池に亀2頭、ダイサギ(上杉池)。アキノタムラソウ[白花]が咲いている(吉川)

21日 セイバンモロコシはびこりだす。シナダレスズメガヤ・ノガリヤス・オオハナワラビ花穂。オトコエシ・アキチョウジ・クコの花。ヤマコウバシの丸い実、道路わきにたくさん落下。コバノガマズミ・ガマズミの赤い実。スズメウリの実(県道猪名川篠山線・清和台下)

22日 アミタケ・ハツタケ・カシタケ・オウギタケ・ムラサキシメジ・チャツムタケ・クリイロカラカサタケ・カキシメジ・ウラベニホテイシメジ・ニガクリタケなど。モチツツジ不時咲き(笹部~山下城跡)ヒバリの声。カワラケツメイ・ケアリタソウ・アレチハナガサ・メマツヨイグサ・コマツヨイグサ・イヌキクイモな   ど外来植物がたくさん。ベニシジミ・ヤマトシジミ・モンシロチョウ・キチョウ飛ぶ(猪名川・東久代)

23日 朝9時 雨の中、濁流の岩の上にカワウ20羽以上避難中(猪名川・鶯の森)

24日 キキキキと胸の黄色い鳥が林にとまる。後に図鑑で調べたら渡りの途中のマミチャジナイか(鼓が滝)

26日 今秋初めてジョウビタキの声(鼓が滝)
 
<自然ミニ情報>

 セアカゴケグモ見つからず

10月9日幸いなことに(残念ながら)川西能勢口周辺のセアカゴケグモ捕獲作戦は失敗でした。今後も調査をしていきたいと考えています。「毒グモ騒動の真実」という本によれば、日本にはセアカゴケグモの他に、ハイイロゴケグモ・アカオビゴケグモ・クロゴケグモ・ツヤクロゴケグモが発見されていると書かれています。

 「悩みの浮草 自然が一掃」
10/20朝日によれば、一庫ダム周辺にはびこっていたアイオオアカウキクサが8月半ばにほとんど消えたようです。原因は「ミズメイガ」の幼虫が大発生し浮草を食べさらに幼虫は水に沈んで魚のエサになったのではという。自然界の不思議。



PR

講演会&観察会「陸の貝の話」に参加して

 私は大和でキセルガイの生息場所を見つけており、時々その数をこげらだよりの自然情報に出しているように、陸生貝には興味を持っているので今回(9月1日)の研修会、陸生の貝の話、講師、大原健司先生は待ちに待った催しであった。

 研修会の参加者は7名で大原先生に申し訳ない気がしたが、この人数では野外観察採集時、講演を聞く時にも、個人授業を受けているようで、話の途中に口をはさんで質問が出来る、合いの手を入れる、というような調子で結果としては大変結構なものであった。

 講演は、大原先生の自己紹介を兼ねた、マチカネワニ発見の話から始まった。その学名の命名について語られ、神話民俗学を想い起こさせる導入であったことが、それから続く話の内容を期待させたのであった。大原先生の専門はカタツムリである。カタツムリの話をするにはカタツムリの誕生、その時代の地球はどうだったか、という所から話は始まる。

 ストロマトライトというバクテリアが光合成を始め酸素をつくりだす。4億年前オゾン層が出来て紫外線を遮る。そこで海生生物が陸に上がり始める。この頃のカタツムリは絶滅し、現在とつながるカタツムリは1億年前に誕生している。この部分のキーワードを先生は光合成、オゾン層の誕生とされている。オゾン層の破壊は恐ろしいことなのだ。

 そんなカタツムリは大陸移動、造山運動、氷河期と共に複雑な分布をしており、極地を除くほとんどの地域に分布している。これが先生のカタツムリを求めての世界駆けめぐりになるのだ。カリブ海には肉食のカタツムリがいる、セルビアやクロアチアへも行った、シリアの世界遺産パルミラ遺跡にもカタツムリはいた、シルクロードと同じようにカタツムリも人と共に移動したのではないか等、面白く興味深い話であった。カタツムリの分類、構造、雌雄同体恋矢の話など面白いが長くなるので各自でお望みだけお調べ願います。

 私達が使っている五円硬貨、五十円硬貨には穴がある。この穴の始まりは中国の殷だったか商の時代だったかの貝貨が始まりだそうだ。それに穴をあけてひもを通して人々は持ち運んだ、それが硬貨の穴として今に残る。西洋のコインには穴のあいたものはない、こんな貝の話で講演は終った。所々ジョークも交じりゆ貝であった。  

 寺の裏山での観察採集では貝はほとんど見つからなかったが、お寺のシイタケ栽培の場、古いほだ木の下やその附近でシリオレギセル、クチベニマイマイ、ヤマタニシ等を見つけることが出来た。当日採集したものは井上メモに詳しい。    

 9月15日、今月の例会解散後、ときわ台から田中代表と歩いて、大和のキセルガイポイントを経て帰って来た。直前に雨が降ったが、降り具合は弱かったようで、街もポイントもあまりぬれてなかったが、キセルガイは11匹いた。大原先生はこのポイントのキセルガイの殻を見て、大型だなあと言われた。(澤山)



NO2調査(2012年:8/17‐18日及び9/21‐22)

測定結果ですが、8月、9月ともにいつもと同じような傾向です。幹線沿いの多田ダイエ-前、呉服橋、一の鳥居交差点、東畦野交差点、清和台バス営業所前のNO2濃度が高く、東畦野、大和西、大和東の住宅地では低い値でした。ただ、大和東の8月の測定値はやや高かったです。今までは清和台バス停前のNO2値は、清和大橋より高い(平均値で0.025ppm vs 0.018ppm)のですが、8月は後者の方が高く逆転した結果でした。幹線道路よりはなれた場合のNO2量の減少ですが、横道に10数メ-トルはいるだけで30-40%は少なくなっています。その距離は長いほど当然NO2量は減少しますが、その減少率は最初の10数メ-トルほど劇的ではありませんでした。9月22日、私が一の鳥居、東畦野交差点周辺でNO2キットを回収した時、キットは雨でぬれていました。が、測定表の降雨量はゼロです。これは気象庁の豊中測候所のデ-タ-を使用しているためです。気象状況を交えての考察は注意が必要です。































 

2012年度 セミの抜け殻調査の報告

 今年から小戸神社が増えて5カ所になった。増えた経緯については市原さんの報告の通り。今年も畚野さんが東畦野・畝野宝来稲荷神社を7月15日から4回調査してくださった。去年はクマゼミ77、アブラゼミ1384という数字に驚いたのだが、今年は、クマ 21、アブラゼミ311と4分の1ほどに減っている。南花屋敷・児童遊園地はクマ10→3、アブラ132→62と減っている。栄根はクマ29→35、アブラ6→1。クマは増えてはいるがアブラは減っている。

 ところで火打・八坂神社だがクマ1→5、アブラ12→77、ニイニイ1→6、ツクツク2→15と全て増加している。昨年、体調不良気味で1名で調査したと聞いたが、今年は3名で行われている。今年はクマもアブラも減少傾向だと言わんがために昨年の調査状況を書いているように思われるだろう。しかし、実際、人数が多いとよく見つかる。また体調にも影響されるということは言っておかなければならないと思う。

 グラフは、火打・八坂神社と南花屋敷・児童遊園地のクマゼミとアブラゼミを2002年から比較したものである。火打・八坂神社は2002年から、南花屋敷・児童遊園地は2001年から調査が続いている。火打・八坂神社は調査範囲が広く、調査人数によってある程度の差が出てくるという可能性もある。南花屋敷・児童遊園地の場合も人数によって差は出てくるが、ここは場所が狭くその差は少ないのではないかと考えている。

 南花屋敷・児童遊園地は1年ごとに増減を繰り返していたが、その調子でいけば2009年は増の年であるはずだが、やや減。2007年からいくと増・減・減となった。2010年に増となったので、2011年、今年とどうなるか楽しみにしていたら、増・減・減となった。グラフ前半は増・減、後半は増・減・減のリズムになっている。一方、火打・八坂神社もこれと重なる部分もあるのだが、規則性は読みづらい。


semi-chousa.jpg






















9月度自然観察会の報告

9月15日 豪雨の中の妙見東尾根
 
 1時40分ごろ一の鳥居駅出発。参加者は井上リ-ダ-はじめ男性8名、女性3名。長尾町の住宅地を抜け花折れ街道に出て、元寒天工場を見学。乾燥室、高い煙突、所蔵小屋などが現存。裏には広い空き地があり古い会員(?)の中には寒天を天日干ししていたのを見た事がある由。なかなか面白く川西市の貴重な文化遺産だと思う。

 車道沿いの畑の隅でアレチウリが群生している。猪名川河川敷では大問題だが畑にまで進出していることに驚く。能勢カントリ-倶楽部の作業用入り口付近でオトコエシ(男郎花)を発見。オミナエシ(女郎花)に比べれば白花で地味ではあるがしっかりした感じで存在感がある。

 川西霊園横の沢筋では沢山のキノコに出会う。猛毒のシロタマゴテングタケ、画鋲の様なビョウタケ、ヤブレベニタケ、イグチに加え、赤くてきれいなベニチャワンタケ、軸が黒くて針金のようなハリガネオチバ、小型で先が角のようになった可愛いツノマタタケ、アシナガタケなど珍しい種類も観察。秋の山のプレゼントとしてアンズタケ、ウスヒラタケは持ち帰り味噌汁に入れて食べたが、アンズタケはコロコリした触感が楽しめた。 

 沢筋では太い倒木が道をふさぎこれを乗り越えるのに一苦労。途中一度休憩した後、尾根筋まで上る。斜面にはマダケが侵食し手の入らない山のこれからが心配。止々呂美の谷が一望できる尾根で大休止。郷土史に詳しいK氏の一の鳥居の由来や、旧街道(古道)について説明を聞く。が、途中より大粒の雨がポツリ、ポツリと降り出しあわてて出発するが数分でお本降りとなり、全員傘やカッパの世話になる。一気に東ときわ台に出るがそのころには雨はあがり、団地の庭の花々を楽しみながらオアシスに出て4時頃解散。男性数人はオアシスで缶ビ-ルを買い、いつもの反省会をしたのち解散。

 他に観察した主な植物はアケボノソウ、オミナエシ、キツネノマゴ、アオツズラフジ、イワモトソウ、イワガネソウ(?)など。(リ-ダ-田中)


 

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フリーエリア

川西自然教室メーリングリスト」に参加しませんか?メールアドレスを入力し「参加」ボタンを押してください。

最新コメント

[06/10 ホタル守り隊]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
KATSUZO
性別:
男性
自己紹介:
当ホームページは川西自然教室の公認のもと、管理者個人が作成したものです。

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

Copyright ©  -- 川西自然教室 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]